アロエの育毛剤

スポンサードリンク

アロエの効能や効果はいろいろとあるのですが、とうとう育毛剤まで登場しました。
育毛剤と言えば、薬用ポリピュアやアランテ2 薬用凌駕などが有名どころですが、アロエを利用した育毛剤もあるのですね。

抜け毛や薄毛に悩み始めると、育毛剤に興味が沸いてくるのは当然といえば当然です。でも、どんな育毛剤を使ったらよいのかお悩みになられる方が多いのではないでしょうか。オンラインショップや街のドラッグストアなどでも様々な育毛剤が販売され、それぞれにその効果をPRしています。その中にはかなりの実績で人気を博している育毛剤もあるようです。

効果がないと嘆く前に…

育毛剤を使用しているのに、いまいち効果が感じられない、改善の兆しがないといった声を良く聞きます。育毛剤といっても万能ではないので、個人差によって効果を実感できる人とそうでない人とに別れてしまうのは致し方ないことです。ただ、ほとんど、あるいは全く効果がないといった人には次の様な原因が隠されていることがあります。

自分の症状や頭皮のタイプと合っていない育毛剤を使っている

毛髪を増やしたい、フサフサとした髪を取り戻したいという目的は同じでも、その目的実現までは様々なプロセスを通っていくばあいがあるのは当然のことです。一例を挙げると、毛穴が詰まっている状態では、いくら頭皮や毛髪に栄養を与えようとしても有効成分が届きませんので十分な効果は得られないと言うことになります。例の場合は、まず頭皮洗浄で毛穴のつまりを改善し、栄養分の浸透率を高めてやる必要があるのです。
同じく、頭皮の汚れが酷い場合は、洗浄作用や抗菌作用の良好なものを、炎症を起こしているのならば、抗炎症効果のあるものを使用するなど、使用者の状況によってもっとも適した製品を選ぶことが、育毛効果を実感する近道であるといえます。

使用者自身の健康管理が不足している

育毛剤をつければそれですべてうまくいくのかというと、そんな都合の良い話はありません。育毛剤というのは、人が本来持っている発毛力をサポートするお助け人のような存在です。ですので、肝心の使用者本人の健康管理がおろそかなのでは、いくら高級な育毛剤を使ったところで、その力を発揮できない、つまり宝の持ち腐れとなってしまいます。
睡眠をたっぷりととることは、夜作られる毛髪にとって非常に大切なことです。また、乱れた食生活をしていたのでは必要な栄養が十分に行き渡らず全身の健康状態すら損ねてしまう可能性もあります。土台となる体の健康状態が良好であればこそ育毛剤も本来の力を発揮することができるのです。

すぐにあきらめてしまう

即効性を謳っている育毛剤もあるようですうが、基本的にはある程度の期間を継続的に使用することが必要であるのは言うまでもありません。多くの育毛剤が、最低でも半年の継続利用を勧めているのがその証拠です。さらに効果が現れるにしても、それには個人差が大きく影響します。育毛剤には効果が実感できる目安の日数が表記されていますが、これはあくまで目安にしか過ぎません。頭皮の状態など様々な原因で早くもなるし遅くもなるものです。短期間の使用で効果がないからと言ってやめてしまっていたのでは、いつまでたっても「待望の育毛実感」は得られないでしょう。
発毛剤や育毛剤は、今日つけて明日効果が出ていると言った類のものではないということをしっかりと記憶しておく必要がありそうです。

アロエの育毛剤の特徴

アロエ育毛剤の一例として、小林製薬のアロエ育毛剤を見てみましょう。小林製薬はサプリメントでも有名ですが、アロエ育毛剤も質の高いものを販売しています。その特徴もいろいろとあるようです。

伊豆産のアロエを使用している

静岡県の伊豆半島は温暖な気候と豊かな土壌で、アロエの産地として知られていますが、この伊豆産アロエを原料としています。さらに、手間のかかる無農薬栽培を行い、収穫から加工までのほとんどを手作業で丁寧に行っているそうです。手間はかかる分、品質の良いアロエを作ることができるのだそうです。

良質のアロエで頭皮の環境を整える

丁寧に育てられたアロエをさらに厳しいチェックで選別したものだけが「アロエ育毛剤」に使用されています。アロエエキスは、頭皮に潤いを与え、やわらかくすることで、抜け毛の原因ともなる血行不良を改善します。

発毛を促進し、しなやかで丈夫な髪を育てる

アロエ育毛剤に含まれている「ヒノキチオール」「β-グリチルリチン酸」「センブリ抽出リキッド」などが、頭皮を清潔に保って炎症を防ぎ、毛根の細胞の新陳代謝を促します。さらに頭皮の血行を促進し毛根に栄養素を運ぶなど、発毛が促進しやすい状態を作り、強くて元気な毛髪が育つのを助けてくれます。

アロエにこだわり続けて40年、小林製薬の「アロエ育毛液」。フサフサを実感するためにも、育毛剤の選択肢の中に加えてみてはいかがですか。

スポンサードリンク
Filed under: アロエベラ製品 — admin 4:45 PM