アロエベラでヘアケア

髪の毛は大切に

スポンサードリンク

白髪といえば、おじいちゃん、おばあちゃんの話だと思っていませんか。若白髪というのは昔からありましたが、最近では十代半ばの高校生にも白髪が目立つようになってきているのだそうです。十代半ばといえば、ニキビに悩む年頃ではあっても白髪はなかなか見られませんでした。なぜ、若者の白髪が多くなってきたのでしょう。人の体は16~18歳で成長のピークをむかえると考えて良いのですが、その成長の最盛期に白髪という老化現象が目立つというのは、やはり健康に何か異常があるためなのでしょう。

毛髪は、毛根の毛母と呼ばれるから毛髪組織が作られていますが、その主な素材はタンパク質で、他にビタミンやミネラル、糖質や脂質なども含んでいます。また髪の毛を黒くしているのはメラニン色素です。
毛母とその付近の組織内で、多数の酵素や特殊なホルモンが働くことによって毛髪は成長し、メラニン色素が作られています。ところが何かが原因となってその働きが十分でなくなると、毛髪の成長が悪くなったり、白髪が目立つようになったりします。

白髪は通常は壮年期から現れてくるのですが、少年期や青年期から白髪になってしまうというのはどう考えても正常とは言えないようです。もちろん遺伝的な原因も考えられますが、現代のようなストレス社会では、避けがたいストレスが続くことで白髪を誘発させやすい環境でもあるし、急性熱性疾患や内分泌異常などの病気によっても白髪が起こる場合もあります。

しかし、最近ではそれらの原因よりも栄養面での不都合、アンバランスによって白髪が増えているようなのです。つまり、必要な栄養素が摂取できていないことにあると考えられています。
アロエベラでヘアケアしよう メラニン色素を作り出す酵素には、ある種のミネラルやタンパク質が必要なのですが、それらが補給されない状態が長く続くとその酵素の働きが低下したり、毛母細胞そのものの働きに異常が生じたりといった問題が発生すると考えられるからです。特に、毛母細胞に流れている血液の血行不良は重要な原因のひとつだと考えられています。

さらに、頭皮の汚れも白髪と関係しています。フケや埃、大気汚染などが汚れの原因として考えられます頭皮が汚れることにより、新陳代謝が阻害されてしまいます。さらに、毛孔がふさがって細菌類が増殖し皮膚を刺激することでかゆみを生じたりします。
頭皮の手入れも毛髪の発育には欠かせないということがわかると思います。

アロエベラの育毛作用

白髪をはじめとする毛髪の育成常を防ぐには、十分な栄養と毛髪や頭皮の手入れが必要であることは当然です。それにプラスしてアロエベラを利用することでさらなる毛髪育成が行われるようになります。
アロエベラの育毛作用は、毛髪の成長を阻害する原因を取り除く効果があるのだということが言えます。つまり、アロエベラのもつ様々な作用(新陳代謝促進作用、消炎作用、血行促進作用、細胞の若返り作用など)によるものであると考えられます。
アロエベラの汁をそのまま頭皮に塗りつけてマッサージしたり、水で薄めて洗髪したりするなど、ごく簡単な方法で良い効用を発揮してくれるようです。

スポンサードリンク
Filed under: アロエベラの利用 — admin 3:57 PM