アロエベラで日焼防止

日に焼けるとはどういうことか

スポンサードリンク

日焼け(ひやけ)は、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状(サンバーンsunburn) と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)である。

以前は、日に焼けることは、小麦色の肌などと夏のファッションのごとく大変人気がありました。事実、夏になると茶色い肌をした若い女性をよく見かけたものです。ところが、日焼けをするために浴びる太陽の紫外線には、体内の活性酸素を大量に増加させ、老化や皮膚ガンの原因にもなりやすいことがわかってきました。

日焼けは、通常は太陽、稀に日焼けサロンなどでの紫外線人工灯からの紫外線の過剰照射の結果として発生します。紫外線の照射量がメラニンの保護能力を越えてしまった時に、日焼けは起きてきます。

日焼け現象には大きく分けて2種類あります。

サンバーン(sunburn)

紫外線にあたった直後には発症せず、2~6時間後皮が赤くなり、痛みは6~48時間の後に最もひどくなるパターンでサンバーン(sunburn)と呼ばれます。このサンバーンは、紫外線UVBが表皮を透過し、真皮乳頭体まで達した結果、乳頭体内の毛細血管が炎症反応として充血を起こし、皮膚の色が赤くなった状態を指す。その際、紫外線量がメラニン色素の防御反応を超えていると、細胞組織が傷を受け、発熱や水泡、痛みが起きる。医学的にはこれを日光皮膚炎という。

サンタン(suntan)

24~72時間の間、色素沈着が進行するパターンで、サンタン(suntan)と呼ばれます。日焼けが起こった3~8日後に、皮膚が剥離し始める。このサンタンは、紫外線UVAがメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を促す。メラニン色素を多く含んだ表皮細胞が基底層から角質層に達するまで新陳代謝による時間のズレがある為、紫外線を浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色するのはこのためである。UVAは発赤や炎症を伴う事は無いが、真皮の深部まで到達しシワ、タルミの原因になる。

日焼けの症状

日に焼けすぎると危険です。

日焼けは熱傷深度I~II度の熱傷(やけど)であり、障害部位において痛痒感、浮腫、赤変、皮膚剥離、発疹といった症状を引き起こし、その他全身症状として吐き気及び発熱と言った症状を呈する。一般に熱傷面積が広いため、熱傷深度の割には症状が重篤なものとなることが多く、極端な日焼けでは、身体は衰弱し入院を必要とする場合もあります。

日焼けの危険性に関してよく指摘されるのが、皮膚ガンのリスク増加です。これは、紫外線が直接DNAを損傷することによるもので、通常の場合、このような損傷は殆どが修復されます。しかし、色素性乾皮症のように修復機能が欠損するケースでは、紫外線暴露による皮膚ガンが極めて起こりやすいことが知られています。

日焼けとは以上のようなものなのですが、ここでも体内で増加した活性酸素が強力に影響します。
活性酸素によって、皮膚の構成成分であるリン脂質が酸化して過酸化脂質になり、これがタンパク質と結びつくとリブフスチンという老化色素に変化します。これは通常、肌のシミとなるものです。この老化色素が神経や心臓にできると、老人性痴呆や神経症、心臓の異常など、老化や病気の原因ともなりかねません。
また、活性酸素が皮膚の貼りを保つのに重要なタンパク質やコラーゲンに作用して、そ性質を変化させてしまったり、肌のみずみずしさを保つためのコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸などのムコ多糖体を変性させたりします。

アロエベラの日焼けに対する効果

アロエベラは日焼けにより痛めつけられた皮膚の治療に対して優れた効用を発揮するのですが、その理由については多くの研究により、次のような点が明らかにされています。

  1. やけどの場合などは、アロエベラのゲル質がやけど部分の熱を冷まし、その進行を止める。
  2. アロエベラのゲル質の酵素(プロテアーゼの一種)が、炎症を起こす物質を分解し、炎症を起こりにくくする。
  3. アロエベラにはDNAの合成を促進する強い作用がある。(添田博士の研究報告(1969年)により明らかにされている)
  4. アロエベラには抗菌作用があり、傷ついた部分に菌が侵入するのを防ぐ作用がある。

このように、アロエベラには皮膚に対して優れた効用があるのですが、万能というわけではありませんので注意が必要です。ケースバイケースなのです。
やけどの場合、アロエベラによる皮膚の治療で効用を期待できるのは、受傷の程度が二級度(これは水ぶくれができる状態)までで、体表面積の15パーセント程度までが限度とされています。これよりもっと程度がひどい場合は速やかに専門医療機関を受診し、適切な治療を受けなければならないのは当然のことと言えます。

スポンサードリンク
Filed under: アロエベラの利用 — admin 4:24 PM